データ送信について

データ送信の流れ

1.印刷用データの準備

印刷するデータを準備してください。
当サイトでは「PDF X-1a」か、それに準拠するデータが必要となります。

PDF変換

2.送信用データの収集

印刷する為に必要なデータ(印刷用のPDFや、加工などの指示のテキストデータなど)を新しいフォルダを作成してまとめます。
フォルダの名前は品名など分かり易くすることをおススメします。

フォルダ収集

3.フォルダの圧縮

データをまとめたフォルダを圧縮します。
一度に一つのデータしか送信できないため圧縮して一つにまとめます。

例えば、「表」と「裏」のデータがあった場合に、先に「表」を送信するとロックがかかり、「裏」が送れなくなります。
そのため、データを圧縮して一つにする必要があります。

(圧縮の詳細はこちら Winの圧縮方法Macの圧縮方法

圧縮

4.データの送信

データ送信のタイミングは、カートに入れる前か、注文が終了して、「注文番号」が発生してからとなります。

「後から入稿」を選択した場合は、注文が完了した直後の画面の「データ入稿ページへ」のリンクか、メールアイコン「ご注文のご確認」メール内のデータ入稿用のリンクか、ホームページの「データ入稿窓口」から入稿することができます。

データの入稿が終了すると、メールアイコン「入稿データ受領のご連絡」メールが送信されますので、データが入稿されたかどうかの確認ができます。

※注文前にホームページ以外から送信されたデータは破棄させていただきます。

データ送信方法について

WEB入稿 1Gまで

おススメの入稿方法です。特別なソフトを使用せず、画面の指示に従って入稿していただけます。

データを送信する際の注意点

  • 送信できる最大の容量は1Gまでとなります。
  • 1ファイルしかデータを送信することが出来きません。
    複数データがある場合は必ず、全て1つのフォルダに入れ、圧縮したデータを入稿してください。
    ※印刷するデータ、注意事項など必要なデータを圧縮して1つのデータにします。
    (圧縮の詳細はこちら Winの圧縮方法Macの圧縮方法
  • 圧縮したフォルダ名は、品名や注文番号など区別が付けやすい様に付けることをおススメします。
    ※ご注文番号は、ご注文完了時に自動送信されるメールに記載されています。
  • 通信状況等の影響でWEB入稿が正常に行えない場合があります。その場合はメディア入稿にて承ります。

※非会員でご注文の場合、ご入稿データの保管は致しません。
※会員登録のお客様のデータは1年間保管となります。 ※会員、非会員にかかわらずデータの返却は致しません。
あらかじめご了承ください。印刷終了後、弊社にて責任をもって処分させていただきます。

 

メディア送付入稿

回線や環境の問題で、WEB入稿ができないお客様は、CD-RやDVD等のメディアにデータをコピーし、弊社までご送付ください。
「注文番号」「ご注文者名」、出力サンプル、使用OS、使用アプリケーション名とバージョンなど必要情報を明記してください。

送付先
〒039-2245 青森県八戸市北インター工業団地1-5-2
株式会社 ugo ピットイン カスタマーセンター
TEL:0502-018-1789

  • 配送料はお客様負担となります。
  • 破損が無いような梱包でお願いします。
  • データが届いた際にメールでお知らせします。
  • データが届いてからのデータチェックとなります。
  • お預かりしたメディアや同梱物は返却いたしません。あらかじめご了承ください。
    印刷終了後、弊社にて責任をもって処分させていただきます。

締め切り時間について

ご注文は24時間受け付け可能ですが、お客様のお選びの印刷日数によりデータ入稿の締切時間が異なります。

下の表の時間以内に弊社に問題の無いデータが着信している必要があります。

締め切り時間を越えて着信した場合は、翌日扱いとなり「受注確定日」がズレますのでご注意ください。
締め切り時間内に着信しても、不備があった場合は「受注確定日」がズレる場合があります。

通常納期
(6/5/4/3/2/1日)
当日納期 1日(翌朝)納期
深夜24 :00 10 :00 22 :00
  • 深夜24 :00を越えて入稿された場合、翌朝8:00から、各商品ごとに対応した時間以内にデータチェックいたします。

データ送信にかかる時間は、データの容量やお客様のネットワーク環境、ネットワークの混雑度合、接続までの経路等に大きく左右されます。

送信時間の一例(状況により大きく異なります)
データの容量 例1 例2
20MB 6分 15分
500MB 2時間40分 7時間

送信データの準備/データの圧縮方法(Windows)

  1. 注文番号をつけたフォルダを作成して、そのフォルダの中に今回作成されたファイル(配置画像がある場合はそのリンク画像)とスクリーンショット、注意事項があれば、そのテキストファイルなどを、まとめて入れてください。
    データの圧縮方法win_01
  2. Windows XP以降であれば標準で圧縮する機能があります。圧縮したいデータ(フォルダ)を右クリックします。メニューの中の「送る」を選ぶと横にメニューが開きます。その中の「圧縮(zip形式)フォルダ」を選びます。
    データの圧縮方法win_02
  3. XPでない場合やフリーの圧縮ソフトをご使用になる場合は、作成されたフォルダを図のような圧縮ソフトにドラッグアンドドロップします。圧縮ソフトは Windowsでは「+Lhaca(ラカ)」(フリーウェア)がよく使用されています。他にもいくつかありますが、圧縮の形式は「zip」で お願いいたします。
    データの圧縮方法win_03   archive_win_04.jpg
  4. 圧縮が完了すると図のような圧縮ファイルができあがっています。このファイルをご入稿下さい。
    データの圧縮方法win_06
  • 圧縮をかけることで、ファイル送信における破損の確率が抑えられます。

  • 何回か入稿する場合は前回のデータと区別できるように、「再」などお付けください。

送信データの準備/データの圧縮方法(Macintosh)

  1. 注文番号をつけたフォルダを作成して、そのフォルダの中に今回作成されたデータ(配置画像がある場合はそのリンク画像)とスクリーンショット、注意事項等があれば、そのテキストファイルなどを、まとめて入れてください。(※画面の注文Noはダミーです。)
    データの圧縮方法mac_01
  2. MacOSXをお使いの方は、該当フォルダを「control」キーを押しながら選択し(または右クリック)、コンテキストメニューから「"〇〇〇"のアーカイブを作成」をお選びいただくことで圧縮できます。(下図)
    データの圧縮方法mac_04
    圧縮ソフトを使用する場合は、「Aladdin DropStuff(ドロップスタッフ)」(シェアウェア)が一般的に使用されています。また「MacLha」も広く使われています。
    該当フォルダを図のような圧縮ソフトにドラッグアンドドロップしてください。
    データの圧縮方法mac_02    データの圧縮方法mac_03
  3. 圧縮が完了すると、圧縮したフォルダと同じ場所か、デスクトップなどに圧縮されたデータが作成されます。下図のような圧縮ファイルができあがっています。このファイルをご入稿下さい。「Zip」圧縮での入稿をお願いします
    データの圧縮方法mac_06
  • 圧縮をかけることで、ファイル送信における破損の確率が抑えられます。
  • 何回か入稿する場合は前回のデータと区別できるように、「再」などお付けください。

入稿データを再利用する場合の注意点

最終データについて

「過去の入稿データを再利用」は、注文日から起算して1年以内の注文を対象としており、 その注文で使用した印刷データを再利用します。
※2013年4月1日以降に、会員ログインしてご注文いただいた商品が対象となります。

またこの「印刷データ」は実際に商品の印刷を行った「最終データ」になり、 調整が加わる等の理由により、お客様が入稿されたデータとは差異がある事があります。

データを再利用される際は、下記の点にご注意、またはご了承をお願い致します。

  • 再利用可能なデータは保存期間が過ぎると自動的に削除されます。
    また、データの再利用を行った注文に関しては、改めて注文日から起算して保持します。
  • 「選択可能なデータ」にある「確認用ダウンロード」のファイルは、お客様が入稿されたデータであり最終データではありません。入稿したデザインの確認用としてご利用ください。
  • 「確認用ダウンロード」のファイルは60日を経過すると自動的に削除されます。
  • 再利用したデータと、注文内容の仕様に差異がある場合は、際し戻しをした上で再入稿を依頼します。
    例)A4サイズよりも小さなデザインデータだった場合など
  • 再利用したデータと注文内容の仕様に問題がなかった場合は、そのまま生産工程に移ることが可能なためキャンセルを承ることが出来ませんのでご注意ください。
  • データの再利用をご利用される際に、カスタマの方で編集等のご依頼を承ることはできません。