データ作成時のご注意点

カラーモードについて

一般に利用されている色を表す方法には、「RGB」「CMYK」という2種類の方法があります。

RGBとCMYKの色の違い

  • 「RGB」とは
    モニタ表示などに利用されている発色方式です。
    赤(Red)、緑(Green)、青(Blue)の光の三原色を利用しており、数値を増すごとに白に近づいていきます(反対に、数値を減らすごとに黒に近づいていきます)。
    これを「加法混色」と呼びます。
    RGBモードは、テレビやパソコンのモニタ、ホームページ用の画像、デジカメのデータなどに利用されています。
  • 「CMYK」とは
    主に印刷などに使われる発色方法です。
    シアン(Cyan)、マゼンダ(Magenta)、イエロー(Yellow)の色材の三原色を利用した混色方法で、印刷ではこれに黒(K)を加えた4色が利用されています。 色が混ざるほどに暗くなり、黒に近づいていきます。
    これを「減法混色」といいます。一般的なカラーの印刷は、ほとんどが「CMYK」で印刷されています。

「RGB」と「CMYK」では色域が異なるので要注意

RGBCMYKでは下図のように色域(色の表現できる範囲)が異なります。
RGBとCMYKとで重なっていない部分は、お互いに表現ができない部分となります。
RGBで表現できる原色に近い鮮やかな色は、CMYKの色域より外側にあるため、CMYKでは表現できない色となります。
RGBからCMYKに変換した際には一般的にくすんだ仕上がりとなります。
※特に「青」と「緑」、「ピンク」、「水色」の色の変化が大きいため、これらの色を使用する場合は要注意です。

■色域イメージ
色域イメージ

■色変換イメージ
色変換イメージ

  • Illustrator CS 以外の弊社推奨のソフトであれば、PDFを作成する際にCMYKに変換されるため、RGBが残る事はありません。
    弊社推奨のPDF作成方法はこちら)
    Illustrator CSをご使用の場合は事前にCMYKへ変換する必要があります。(CMYKへ変換の仕方はこちら)
  • 意図しない色に変換されないためにも、はじめから「CMYK」「グレースケール」「モノクロ2諧調」でのデータ作成をおススメします。
  • 選択する用紙により、白さが異なるため見え方が異なります。普通紙クリームや色上質の場合、紙の色の影響を強く受けます。
    資料請求で、オリジナル紙見本をお送りします)

仕上がりサイズについて

「仕上がりサイズ」は、お客様のお手元に届く商品のサイズです。
折加工の場合は、折った後の大きさが「仕上がりサイズ」となり、折る前の開いた状態を「展開サイズ」と呼びます。
折り加工の時の仕上がりイメージ

注文時に「折パンフレット印刷」や「冊子印刷」等でご選択いただくサイズは、仕上がったサイズ(折加工後のサイズ)になります。

  • チラシ・フライヤーなどのペラ物の場合
    「仕上がりサイズ」「展開サイズ」は等しくなるため、希望のサイズで注文します。
  • チラシ・フライヤー等に折加工をした場合
    「展開サイズ」で注文します。(「仕上がりサイズ」は折った分小さくなります)
  • 折りパンフレット・冊子の場合
    加工後の「仕上がりサイズ」で注文します。
  • 変型サイズで注文する場合
    データの長い辺が入るサイズの商品を探して注文します。

下の表を新規データ作成の際にお役立て下さい。

A列 サイズ(mm) 主な用途 B列 サイズ(mm) 主な用途
A0 841×1189 大判ポスター B0 1030×1456 大判ポスター図面等
A1 594×841 ポスター B1 728×1030 大判ポスター
A2 420×594 ポスター B2 515×728 ポスター
A3 297×420 ポスター B3 364×515 車両吊りポスター
A4 210×297 楽譜、作品集等 B4 257×364 グラフ詩
A5 148×210 雑誌、書籍、教科書 B5 182×257 カタログ、雑誌、地図等
A6 105×148 文庫本 B6 128×182 書籍
A7 74×105 ポケット辞書等 B7 91×128 手帳
A8 52×74   B8 64×91  

PDFのサイズの確認をご確認ください。

トンボと塗り足しについて

商業印刷では、家庭用プリンタとは異なり、仕上がりサイズの用紙に印刷しているのではなく、大きな紙に印刷した後で、『断裁』という作業を行って仕上がりサイズに切揃えています。

仕上がりイメージ

トンボについて

仕上がりサイズに断裁したり、折る位置などを指示するための目印を『トンボ』といいます。
トンボはこの他にもカラー印刷の際にCMYK各色の位置あわせ(見当あわせ)の役割も有ります。

トンボ

塗り足しについて

トンボを目印として『断裁』を行いますが、印刷時の紙の収縮や、一度に何枚も重ねて断裁をするため、どうしても微妙なズレが生じてしまいます。
断裁した際にトンボを基準に外側にずれるか、内側にずれるかで仕上がりに影響が有ります。
背面全部に色をつけたい場合や、端に合わせて図などを配置した場合に、仕上がりサイズ丁度で作成すると、外側にずれた時に印刷されていない紙の白い部分が端に出る場合があります。
また、切れては困る文字や画像などを仕上がり位置のギリギリに配置すると、内側へずれた際に切れてしまう場合があります。
塗り足しなし

外側へずれた場合を想定して、背面全部に色が付いた状態(フチ無し印刷)にするためには、仕上がりサイズより上下左右3mmずつ、計6mm外側に伸ばして作成します。
6mm広くなった状態で印刷し、断裁する位置は元の仕上がり位置になるため、ずれても印刷されている部分が有るため、白い部分が出る事はありません。
この仕上がりよりも外側に伸ばした部分を『塗り足し』と呼びます。
※背面が白の場合や仕上がりの周囲が白の場合は塗り足しの処理をする必要はありません。
塗り足し

内側へずれた場合を想定して、切れては困る文字や図柄は仕上がり部分より上下左右3mm程度内側(塗り足しから上下左右6mm内側)に配置します。
マージンを取る事により、文字や図柄が切れてしまう事はありません。
安全範囲

塗り足しの確認のメールが届いた場合の対処法
  1. 仕上がりの端に白がでてもよければそのままのデータで結構です。
    「白が出てもかまいません」や「塗り足し無しOK」などと記入してメールにてご連絡ください。
    ご注文された段階で、テキストデータなどでその旨を明記し、データと一緒にお送りいただくか、メールなどで教えていただければ、塗り足し以外で問題が無ければそのまま確定となります。
  2. 上下左右に余白が出るように縮小するなど調整して、再度データを入稿して下さい。
    余白の幅は3mm以上でお客様のお好みになるように調整して下さい。
  3. 上の図を参考に塗り足しを含んだ状態にデータを修正し、再度データを入稿してください。

画像の解像度について

「解像度」は、デジタル画像のキメ細かさを指しています。

単位は ppi : pixel/inch、dpi : dot/inchなどで表し、1インチあたりの点の数を表し、数値が高いほど密度が高くなり、キメが細かいという事になります。

綺麗に印刷したい場合に必要な解像度は下の表のように、仕上がりの色とデータの中身により決定します。

画像 の仕上がりイメージ 解像度 カラーモード
白か黒しかなくグレーの部分がまったくない、文字のみや、線画のみの場合 1200 ppi 以上 モノクロ2諧調
白黒の写真やイラストがある場合 300 ppi 以上 グレースケール
カラーの写真やイラストがある場合 350 ppi 以上 CMYKカラー

インターネットなどの画像は、画面上では綺麗に表現されますが、解像度72~96ppiになっています。
上記の表のとおり、印刷に必要な解像度の5分の1程度しか密度がない事になり、印刷すると粗くなってしまいます。

デジタルの画像やデジタルカメラの画像は作った時(撮影した時)に設定したpixel数で、綺麗に使用できる大きさが決まってしまいます。

配置した画像を拡大すると、画像自体は大きくなっても、もともと持っているpixelの数が変わらないため、解像度(密度)が低くなり粗くなります。

逆に、配置した画像を縮小すると、pixel数はそのままで画像サイズが小さくなるため、解像度(密度)が高くなり、キメが細かくなります。

72ppiの画像を配置した後で20%縮小で使用すると、360ppi相当になるため綺麗に印刷できます。
この特性のため、実際に印刷したい時のサイズが、必要な解像度になっているか注意が必要です。

粗い画像比較

PDF作成の後では解像度の確認はできませんが、画像の確認で、おおよそのイメージが分かります。

フォントについて

文字のデザイン(明朝体、ゴシック体など)の変更は、フォント(書体)を指定することにより行います。
別なパソコンでデータを開いた時に、同じフォントが無ければ、作成した時と同様に表示や印刷をする事はできません。
フォントが無ければ、文字が全く読む事のできない、記号の羅列のようになってしまう場合もあります。

  • PDF/X-1a形式では、フォントのエンベッド(埋め込み)が必須条件となっているため、X-1a形式に準拠したPDFを作成する事により、文字化けなどのトラブルを避ける事が可能です。
  • フォントのライセンス等の問題でエンベッドできない場合は、フォントを図形に変換する「アウトライン化(グラフィックス化)」を行ってからPDFを作成すると回避できます。
    img_outline.gif

スミベタとリッチブラックについて

スミベタ

「スミベタ」のスミはCMYKの中のK(黒)の事、ベタは100%の濃度の事、つまり「スミベタ」とは「K100%」の色を指します。

  • 基本的に、黒い部分は「K100%(スミベタ)」で設定します。

リッチブラック

黒い部分が「スミベタ(K100%)」以外の色で表現される状態を「リッチブラック」と呼びます。
深みのある黒を意図的に表現するために使用されます。
弊社ではリッチブラックご使用になりたい場合、色成分はC30%/M30%/Y30%/K100%を推奨しております。
C100%/M100%/Y100%/K100%の設定や、CMYKの総インキ量が360%を超える成分の場合、インキ量が多すぎるために印刷が不安定となり、印刷物の仕上がりに大きな問題が生じます。

リッチブラックを使用する際の注意
有る程度広い面積の所に使用します。細い文字や線に使用した場合、見当ズレが発生した際に、下図の様に滲んで読みにくくなる可能性があります。
また、リッチブラックの上に白い小さい文字や白い線を配置するとつぶれて見えなくなってしまう可能性があります。
リッチ不具合イメージ
 
通常、文字や線などは「スミベタ(K100%)」を指定します。
リッチ不具合イメージ

ブラックオーバープリント(スミノセ)

印刷では色と色の間にわずかな隙間が生じてしまう見当ズレが発生することがあります。
見当ズレが発生すると色の境目に他の色が出たり、紙の色の白が出てしまいます。
特に文字の部分は黒(K100%)を使用する頻度も高く、わずかな色と色の隙間も目立ちます。
そこで印刷上の黒は理論上、どのような色を加えても黒に見えるという特性を利用し、印刷の機械で自動的にブラックオーバープリント(スミノセ)という処理をします。
ブラックオーバープリントは、黒の下に重なっている色や図柄などが白く抜けずにそのまま印刷され、黒(K100%)を重ねるため、黒の見当ズレが発生しても影響が少なくなります。
ブラックオーバープリント

意図しないブラックオーバープリントの対処法
黒に他の色が入っても黒く見えますが、黒に混色する色により、赤味を帯びた黒や、青味を帯びた黒など、混色された色の影響を受けてしまいます。
そのため、黒の下の色が均一であれば混色の影響は目立ちにくいのですが、下の図のように、下にある絵柄などが透けた様に見えてしまいます。
自動的にラックオーバープリントの処理がされるためデータの作成の仕方により意図しない仕上がりになる場合があります。
ブラックオーバープリント透け

K100%だけが自動的にブラックオーバープリントになる特性を利用し、K100%にC・M・Yの色をいずれか1%でも混ぜることにより、ブラックオーバープリントの処理はされずにヌキ合わせの処理となります。
下の絵柄が写真などの場合は、リッチブラック(弊社推奨値 C30%/M30%/Y30%/K100%)に設定する方法も有ります。 ブラック抜き合わせ

ブラックオーバープリントの対象は、文字や図形などのベクトルデータのK100%の部分のみになります。
ベクトルデータがK100%の場合でも透明機能の影響を受ける部分はブラックオーバープリントの処理は適用されません。
また、写真などの画像上のK100%もブラックオーバープリントの処理は適用されません。

※この黒の透けている部分は説明のために誇張しております。

特色について

弊社ではプロセスカラー(CMYKの4色)で印刷を行います。
特色を含んだPDFを印刷すると、色が抜けてしまうなどの意図しない印刷結果や、エラー等の不具合が起こる可能性があります。
特色の不具合

PDFを作成した後からでは、正常に「CMYK」に分解できない場合があるため、作成したソフトに戻って、特色を分解処理する必要があります。

  • PDFの特色の確認の仕方はこちら

  • 「Illustraotr」の場合は、PDFを作成する前に、各色ごとに、分解処理が必要です。
    特色のチェックをご覧ください。
  • 「InDesign」の場合は、弊社推奨のPDF作成方法(CSCS2~CS5)の「手順 6、7」の〈インキ管理〉が分解処理の設定となります。
    手順に従いPDFを作成する事により特色を分解処理する事ができます。
  • 「Quark XPress」の場合は、弊社推奨のPDF作成方法の「手順 5」の〈カラーオプション〉が分解処理の設定となります。
    手順に従いPDFを作成する事により特色を分解処理する事ができます。

表裏や縦横の指示について

仕上がりの上部を「天」といい、仕上がりの下部を「地」と呼びます。
特別に「天」「地」のご指示がない場合、データを開いたときに文字等が正しく読める状態の上部を「天」、下部を「地」とさせていただきます。

データ内容で判断出来ない場合は、データの上部を「天」、下部を「地」とさせていただきます。
下の図のように、表裏でタテ方向、ヨコ方向のレイアウトが異なる場合は、ヨコ方向のレイアウトの左側を「天」とさせていただきます。

別途ご指定がある場合は、データ内に示すか、またはテキストにてご指示ください。

両面印刷をする場合は、「表」「裏」が分かるようにご指示願います。
特別に指示がなく一つのデータで複数ページがある場合は奇数ページを「表」、偶数ページを「裏」とします。

データ表裏指定

複数のページを一つのページ内に作成することはしないでください。必ず、データで分けるか、ページで分けて作成してください。

中綴じ冊子や無線綴じ冊子をする場合は、トンボの外側や、データの名前などでページが分かるようにしてください。

中綴じデータ名

データの表と裏の向きが同じ場合は、表裏のデータの上同士が合うように両面印刷します。

表と裏の向き

向きが違う場合、向きを合わせるためには、右回りか左回りか2パターンありますが、
特別な指示が無い限り、表を基準として裏面を右回り(時計回り)に回転で印刷させて頂きます。

表面が縦向き、裏面が横向きの場合
裏面を時計回りに回転させて、用紙の向きを合わせて印刷します。

表面が縦向き、裏面が横向きの場合

表面が横向き、裏面が縦向きの場合
裏面を時計回りに回転させて、用紙の向きを合わせて印刷します。

表面が横向き、裏面が縦向きの場合

ヘアラインについて

線幅の指定とヘアラインについて

0.06mm以下の線幅は使用しないで下さい。それ以下の線幅ですと、かすれたような印刷結果にしかなりませんので必ず0.07mm以上で指定して下さい。

下の図の悪い例のようにパスの線を「塗り」で指定すると画面やプリントアウトでは非常に細い線となりますが、実際に印刷すると、かすれたようになるか、消えてしまう可能性があります。
良い例のようにパスの線は通常「線」に色を指定します。
悪い例の線幅が無く塗りに色が指定されているラインのことをヘアラインと呼びます。

ヘアライン設定

  • ヘアラインは画面にも表示される上、家庭用のプリンターでもプリントされてしまうため入稿する際は注意深くチェックしていただきますようお願いします。
  • 細い線の場合、薄い色のを指定すると点線のように見える場合があります。